ポケモンAGneXt(ポケットモンスターAdvanced Generation neXt)とは、
爆船によって製作されたポケモンキャラ主演のデュエル動画である。

マイリストはこちら。

概要
2013年1月13日に第1話が製作された。
アニメの時期的にはポケットモンスターベストウイッシュにて
サトシがイッシュリーグを終えた直後となっている。

本作品はサトシとハルカが『扉』を開けた事により、世界からポケモンが消え、
代わりに遊戯王OCGが世界の中枢を担うと言う世界に変わってしまい、
それを元通りにすべくサトシとハルカが2人で旅をするという二次創作物語である。

舞台は2人がかつて旅したホウエン地方で、
ホウエンリーグに2人で出場すべく各地のジムを突破していくという、
RPGのポケモンの流れを踏襲したものとなっている。
ホウエンリーグを2人1組で、2人合計でバッジ8個にしたのは、
『ポケモンコンテストをデュエルバージョンに出来ない』
『2人合計で16個だと長引いてうp主の心が折れる』といった事情がある。
第3話地点で早くもバッジを2つ獲得しているのはこのためである。

『ポケモンの世界観を可能な限り残したい』と言ううp主の意向で、
主要キャラに遊戯王キャラが用いられていないのが特徴。
また、簡単にレアカードを手に入れては面白くないので、
カードの値段が通常の100倍以上する超インフレ状態となっている。
デュエルが世界の中心なので、そういう設定でもおかしくは無いはずだが。

一方で、エフェクトが乏しく、手札・デッキ枚数表示間違いに難があるのが問題点。


登場人物

@主要人物

・ハルカ 使用デッキ:【炎と水のフュージョン】(炎・水属性軸【E・HERO】)
この物語の主人公兼ヒロイン。巨乳。
サトシに恋心を抱いており、『サトシとずっと一緒に居たい』と言う願いを
『扉』の力で叶えようとしたところ、世界からポケモンが消えてしまう。
事態を解決すべくサトシと一緒に旅をする事になり、奇しくも願いは叶う事に。
相変わらず食い気最優先のキャラクター。食い物の恨みは恐ろしい。

使用デッキはヒースから学んだ炎と水のフュージョンをイメージしたデッキ。
プレイスタイルはとにかく真っ向勝負で、リスクを負ってでも攻める戦術を取る。
第5話地点で、エアーマンとプリズマー以外は、炎属性と水属性で統一されている。

・サトシ 使用デッキ:【オカルトコンボ】
この物語のもう1人の主人公。
ただし相変わらず恋愛に無頓着で、ハルカの恋心に全く気付かない。
ハルカと一緒に『扉』を開けたので、ポケモンの記憶が残っている。

使用デッキは中の人ネタ。ボイス多し。主人公にあるまじきドス声。
サイコロ運が非常によく、ゾークの効果では(必要な時以外は)必ず1を出す強運。
闇サトシが入り込んだ事が影響し、プレイスタイルはやや慎重でテクニカル。
このデッキなのにモンスターとの絆を大切にする姿はとてもシュール。 

・闇サトシ
サトシに乗り移ったもう1つの魂、『闇の支配者-ゾーク』の中に入り込んでいた。
正体はゾーク。すなわちバクラの闇人格そのもの。ポケモンの記憶がある。
バクラが滅びた後ポケランティス王に乗り移るが、邪悪な心と力を殆ど奪われた結果、
サトシを完全には乗っ取れない程に力を失い、要所でサトシを助けるなど割とお人よしな性格。

力の大部分は失ったものの、高度なデュエルタクティクスと、洞察力、駆け引きは健在。
サトシのダイス運を使った『出目出し』では反則すれすれの戦法を披露。 

・サファイア
ハルカの第二人格。ゾークと違いハルカそのものであり、覇王十代のような存在に近い。
性格はサトシに近く、強気で男勝りな口調が特徴。
露出が非常に多く、ただでさえ巨乳のハルカが、さらにボリュームアップする。
トネリコメダルを媒体に、ZEXAL究極体のようにサトシとハルカの魂を融合して誕生した。

サトシとハルカの絆の力をエネルギーに変え、カードを想像する特殊な能力を持つ。
これにより『超融合』を生み出し、デュエルを勝利へと導く。


@割とよく出るモブキャラ

・ジョーイ
ポケモンセンターならぬデュエルセンターの受付兼管理者。
(デュエルセンターとは、ポケモンセンターの宿泊施設にデュエルスペースがくっついたものである。)
旅の疲れを癒しに来るデュエリストを応援している。

姿はヴァンガードのカードショップの受付、ミサキ。
カードアニメでカードショップがほぼ唯一存在すると言う理由で、ヴァンガードから持ってきた。
ポケモンアニメ同様、全国のポケモンセンター、さらにフレンドリィショップの受付まで全員ミサキ。

・ジュンサー 使用デッキ:【特殊追跡デッキ】
世界の治安を守るセキュリティの巡査。
ジュンサーは全国にたくさんおり全員親戚関係。

姿は遊戯王ファイブディーズの捜査官、牛尾。つまり牛尾が大量にいる。
タケシの過去は一体どのように変えられたのだろうか?

・グッチ
露店店長。
全国に兄弟や親せきがいて、珍しいカードを安く売っているらしい。


@その他の主な登場人物

・デント、アイリス
第1,2話で登場。
イッシュ地方をサトシと一緒に旅した2人。
ポケモンソムリエとドラゴンマスターを目指していた2人だが、
サトシとハルカがが扉を開けたせいで、2人も例外なくおかしなことに。

・センリ 使用デッキ:【Heart-eartH】
第2話で登場。トウカジムリーダーで、ハルカの父親。
だが、中の人繋がりか妙にハートバーニングでファンタスティックな性格に変わっていた。

ジム戦ではかつて【グリーン・バブーン】を使って敗北を喫したサトシと再び激突。
エースモンスターのハートアースとハートアースドラゴンを駆使し、サトシを圧倒。
あと一歩まで追い詰めるが、サトシの最後の切り札、ウィジャ盤によって敗北した。

・スズナ 使用デッキ:【水属性教育デッキ】
第3,4話で登場。カナズミジムリーダー兼デュエルアカデミア教師。
本来のジムリーダー・ツツジとの職務交換でカナズミシティにやってきた。

氷をモチーフに儀式、融合、シンクロ、エクシーズ、アドバンス召喚のギミックを全て取り入れたデッキを使う。
が、生徒達に解説をしながらデュエルを進めるので、すごく長引く。
なお、エースモンスターは禁止カードの『氷結界の龍トリシューラ』の為、
挑戦者には一部の禁止カードを1枚使ってもらうルールを取っている。

・シロナ 使用デッキ:【水霊使いエリア】(ただし調整用デッキ)
第4話で登場。何故かホウエンにいるシンオウチャンピオン。
相変わらずどこかズレたグルメ感覚をしており、ハルカと意気投合。
バレンタインの為に高価なカードをプレゼントしたいと願うハルカの一途な恋心に惹かれ、
ハルカに勝ったら好きなカードを買ってあげる条件でデュエルを挑んだ。 

可愛い女の子には目は無く、ハルカと対戦した時は自身の一軍デッキではなく、
ある女の子をモチーフとしたデッキでハルカと戦った。

・ツワブキ
第4~6話で登場。デボンコーポレーション社長。
サトシとハルカに、新作カードの護衛を依頼する。
おいしいものをご馳走したり、数十万円のレアカードをポンと出す太っ腹。
歴史と武将好きでもあり、そのおかげか洞察力、策略に優れている。

こちらの世界ではカードが高価で、資金面が乏しいハルカとサトシに、物語の都合上
様々なカードを入手させねばならず、その貴重な手段となっており2人を除いた中では最も登場期間が長い。

・マグマ団 使用デッキ:【ナチュル】等
第5話で登場。一度解散したはずだが、再び復活を果たした模様。
アクア団に扮してツワブキ社長の新作カードを狙ったが、
ツワブキ社長に策に翻弄され、闇サトシとサファイアにデュエルでも阻まれ、失敗。

・怪盗バンナイ 使用デッキ【コピー】
第5話で登場。イズミに扮してアクア団の一員と見せかける役割を果たした。
しかし闇サトシに戦術面でほんろうされ、怒りと焦りから本性を露呈、闇サトシに正体を見破られた。

・ハヤト 使用デッキ【D-HERO】
第6話で登場。ヒワマキジムリーダー。
ハングライダーに乗りながら『イヤッッホォォォオオォオウ』と叫ぶのが日課。
本来のジムリーダーのナギが育児休暇を取っており、その代理を務めている。

使用デッキは当然【D-HERO】。
そこにデボンが開発した『最後のD』こと『Dragoon D-END』をデッキに投入してサトシと激突。
D-HEROとD-ENDを駆使してサトシを終始圧倒し、ライフを残り13まで削る。
あと一歩まで追い詰めたが、土壇場でD-ENDを奪われ、7500のライフを削りきられて敗北。


大百科に名前が載る日を夢見つつ、随時更新。